kdance紙田

歩くこと


1994年くらいにかいた文章です。


序の巻
 「ダンスとは?」という事をダンサーとして答えていこうという大きな試みである。理論的な位置づけを期待するものではなく、自分のダンスを通しての「気づき」を中心に情熱の源泉を探っていこうという試みである。

1 歩くことの喜び
古川氏のもとでダンスを学びはじめてすぐ、歩くことが楽しくなった…