高橋栄一

東京人02月号(2014)

戦争は、二度と繰り返してはなりません。これは戦後七十年のコンセンサスと言ってもいいと思います。

東京人01月号(2014)

「昼のビール」ほど、優しく眠りに誘ってくれる薬はほかにありません。ほんの少しの罪悪感が、いっそうの愉楽を与えてくれます。

東京人12月号(2013)

司馬遼太郎さんは「坂の上の雲」に関連して、「個人の立身出世と国家の富国強兵が概ね一致したのが明治時代」という意味のことを書いていました。

東京人11月号(2013)


二〇二〇年オリンピックの東京開催が決まり、素直に喜んでいます。スポーツは無条件に感動と勇気を与えてくれます。

東京人10月号(2013)


ここ掘れワンワン、ではありませんが、今、私たちが立っている地面を掘ると何が出てくるかーー

東京人9月号(2013)


この夏、家族を連れて帰省する方、友だち同士で旅行する方、一人旅……。多くの方が東京の玄関口から地方へと出かけられることと思います。

東京人8月号(2013)

道を歩いていると、突然ハッとすることがあります。

東京人7月号(2013)

最近のことですが、お台場を走る「ゆりかもめ」によく乗ります。

東京人6月号(2013)

本編集後記執筆時点での国内の話題は、北朝鮮がいつミサイルを発射するか、国際社会はそれにどう反応するのか。

東京人5月号(2013)

新装なった歌舞伎座がいよいよオープンします。これを機に、各紙・誌で歌舞伎座および歌舞伎の特集が組まれています

<< 1 2 3 4 5 6